雨漏り修理を自分で行う場合の注意

屋根は、トタンや樹脂瓦、焼き瓦などが張られています。

いずれも雨風をしのげるよう耐久力を持った材質ではありますが、自然の力は偉大で、長い年月を掛けながら、少しずつ屋根を劣化させて行きます。
そして、防水能力が途切れたときに雨漏りとなって部屋に雨が滴り落ちてきてしまいます。


また、材質の防水能力は保たれていたとしても、風による屋根の浮きや隙間の充填剤の劣化などでも雨漏りは起こります。

雨漏修理サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

ある程度、知識のある方は、自分で雨漏り修理を行うことができます。
屋根に上がる際は、必ず安全帯、ヘルメット、ゴーグル、手袋、滑りにくい靴を身に着けて事故に十分注意する必要があります。

特に安全帯は転落から身を守ってくれるものとなりますので、装着を忘れないようにしましょう。



ハシゴを使用する際は、適切な角度で立て掛けるようにしましょう。

雨漏り修理の手順としては、屋根に上ったら、原因となっている破損箇所を探します。


屋根に使用されている材質によって修理方法は異なりますが、まずは破損箇所を取り除きます。板材が濡れている場合には十分乾かします。腐っている場合には、板材も交換が必要になります。


その後、新しい屋根材と交換し周りをコーキング充填剤を使って隙間がないように密着させます。
乾いたら修理完了となります。



過酷な状況にある屋根は、しっかりと雨漏り修理しないと、短期間の間に雨漏りが再発したり、構造体の腐食などをもたらしてしまいますので、丁寧な作業を心がけましょう。